1:29:300の法則

「1:29:300の法則」

 

上の比率、皆さんは何の数字だと思いますか?

 

過去にこんな経験はないでしょうか。

<一歩間違えたら重大な事故になっていたかもしれない>という事例。

 

上の法則は労働現場における注意喚起を促す法則で別名「ハインリッヒの法則」とも呼ばれ、

多くの場所で「ヒヤリハット」という言葉が使われます。

 

ハッ!と気が付いた時にヒヤリとした経験。

労働現場に留まらず、私生活でも車の運転中や家の中、生活の中で起こる事も十分考えられます。

 

では、この「1:29:300の法則」とは何を意味しているのか?

1929年、アメリカの損害本舗会社に勤める男性が5000件以上もの事例から導き出した内容が


 

  • 1件の重大な事故・災害(=重傷者が出る程)が発生した場合
  • 29件の軽微な事故・災害(=軽傷者が出る程)が既に発生しており
  • 300件のヒヤリ・ハット(=怪我人は出ないものの、ヒヤリとした出来事)が既に発生している。

 

と言うもの。

 

この法則、実は医療現場においても他人事とは思えない程当てはまるのではないでしょうか。

例えば、

・内服薬の調合を別の種類で行いそうになった

・診察中、処置代から動物が落ちそうになった など。

 

これらはヒヤリハットに含まれる出来事ですが、この積み重ねがいずれ重大な事故になりかねない・・ということです。

しかし、1度起きたヒヤリハットをその場で共有しても、時間の経過とともに注意喚起が薄れてしまう事も実例として多くあります。

気の緩みがうっかりミスへ繋がり、この積み重ねが取り返しのつかない結果を招きかねないのです。

 

動物病院では獣医師または看護師が主に行う業務と共通の業務があります。

その中でヒヤリハット事例に対しどのように全体で向き合っていくのか、改めて話し合ってみてはいかがでしょうか?