退職後の行政書士について

行政書士を退職後に独学で勉強していくのはかなり難しい

退職後の生活を考えた時に、手に職をつけておくということは重要になってきます。
そんな生活を模索する中で、行政書士の資格を取得し自宅開業などを考える人も多くいるわけです。
法律系の国家資格では、簡単な法に位置する行政書士ではありますが、年々試験の難易度は上昇してきていることに注意が必要です。
簡単な位置にあるといっても、合格率は10%にも満たず、初学には高いハードルといえます。
合格率に関して、受験属性が言われたりしますが、大学の記念受験などで受験する人がいるのは他資格でも同様ですし、とにかく受けてみようという人も変わりません。
分母である受験者数が多いことから考えれば、この合格率の信憑性は高いとさえ言えるわけです。
さらには、法科大学院の現役生徒が滑り止めとして受験して落ちることさえある試験ですから、甘い考えで受験しても合格は難しいのです。

退職後に突然行政書士の勉強を始めても合格する確率は限りなく低いのです。
対策として、将来を考え専門学校などに通って勉強したり、通信教育で勉強したりする方法があります。
いくらほかの資格より難易度が低いとはいえ、法学初学では言葉もわかりませんし、対応できないことは山ほど出てきます。
そのためにも、行政書士は独学ではなく、専門家の下で勉強し備えていくことは大切なことになるのです。