退職後の行政書士について

行政書士を退職後に独立する際の勉強方法は時間をかけるべき

行政書士の合格をめざし、勉強していくことを決めた場合、どういう勉強方法をとるかということが悩みです。
仕事をしている場合、なかなかスクールなどに通う時間はとりにくいものです。
ですが、退職後に始めようと思えば時間はありますが、時間的なロスも増えますし経験も積む時間が無くなってしまいます。
そこで、退職後にむけて、通信教育などで時間をかけ勉強していく方法もあります。

通信教育の場合、時間は自分の自由にできます。
半年で合格できますなどというコースもありますが、急いで資格だけを取るよりも、しっかりとした知識を身に着け合格を目指すことのほうが意味を持ちます。
その理由は学生が資格を取得するのとは違うからです。
退職後に行政書士で独立開業を目指すということは、開業後は知識もあるとみられます。
車と違い初心者マークを張って操業するわけではありません。
お客様は必ずプロである、それも年齢的にベテランであると思っていらっしゃいます。
つまり、顧客側からすればプロはプロでも、年齢的安心感も付加価値として訪れるものなのです。
そのため、生半可な知識よりも、時間をかけて計画的に身に着けていったほうが、後々行政書士として開業するときに得策になってくるものなのです。