退職後の行政書士について

退職後に開業することを前提として行政書士と相性のいい資格

退職後に独立開業を考えた場合、他資格と併せ持つことでその幅を広げることができます。
単純に行政書士だけでも営業力次第で売上を伸ばすことは可能ですが、できることならばワンストップサービスを展開するほうが、顧客としては利便性が高いのです。

相性がいいのは司法書士が真っ先に挙げられます。
職務の幅が大幅に広がりますし、司法書士のほうが難しい問題ではありますが、試験科目や内容は近いものがあります。
登記に関する業務が付加されることにより、大きな付加価値を得ます。

社会保険労務士も相性がいい資格の一つです。
行政書士として会社設立などに関与し、設立以後は社会保険労務士として、労務の仕事を受けられようになります。
その先には顧問契約などもありますので、大きな飛躍も期待できるわけです。
最終学歴が高校卒業の場合には、社会保険労務士の受験資格の一つに行政書士の資格取得があるため、相性がいい部分を持っています。

社会保険労務士と同じような考え方では、中小企業診断士もあります。
コンサルタント業務唯一の国家資格ですから、退職後であっても自信をもって経営指南などもできますが、とても幅広い知識が必要なため、かなりの難関になってしまいます。

税理士なども言われることがありますが、税理士の資格を取得している場合、行政書士の資格は無試験になります。
税理士を主とし、退職後の開業としてワンストップサービスを展開していくのは、かなりの効果が出てきます。