こんにちは!

CVPの仲地です。

早速ですが、

 

[仲が良くとも、度が過ぎて礼を失するようなことがあってはいけないという戒め。
親しいことにより遠慮がなくなっていき、それが不和の元にもなるということ。]

 

これをことわざでは

 

[親しき中にも礼儀あり]と言います。

とても有名なことわざですね!

果たしていつどこで教わったのか??笑

 

私は社会人となり11年目。

諸先輩方と比べたら、まだまだ未熟な私ですが、

私なりに良好な人間関係を築く上で

チームに必要なことを1つ挙げるとしたら

この「親しき中にも礼儀あり」の心掛け。

 

特にスタッフ間の関係性において、意味のある言葉ではないでしょうか。

過去の動物看護師アンケートにも、職場の気になることで「距離感が近いこと」という回答がありました。

 

[仲が良くとも、度が過ぎて礼を失するようなことがあってはいけないという戒め。
親しいことにより遠慮がなくなっていき、それが不和の元にもなるということ。]

 

職場のスタッフは、もしかしたら家族よりも過ごす時間が長いかもしれませんね。

その中で「常にため口で話す」「言いたいことを言う」「遠慮がない」。

親しいからこそ、気を使わないでいられる間柄かもしれません。

それが円滑なコミュニケーションに繋がるケースもあるかもしれません。

 

しかし、度が過ぎてしまうと、「スタッフ間の挨拶がない」「横柄」

といった態度から、信頼関係にひびが入るような、間違った人間関係が築かれてしまう事も。

 

人によっても捉え方はそれぞれですが、

ちなみに私はそういった空気の職場は、居心地が悪い、と思ってしまいます。

実際に転職する際に職場の見学をしたときも、スタッフ間の態度は慎重に見てしまいました(;^_^

 

最低限の礼儀は

あいさつは自分から進んで行う

会話は「です・ます」調

対話の姿勢に配慮する

話しの内容を気遣う(デリカシーの無い事を言わない)

「感謝の言葉」を伝える。

ことではないでしょうか。

 

今一度、盲点になりつつある職場の雰囲気を、院長先生自ら、基本の「礼儀」から見直してみてはいかがしょうか(^^)