こんにちは!

CVPの仲地です。

早速ですが、

 

[仲が良くとも、度が過ぎて礼を失するようなことがあってはいけないという戒め。
親しいことにより遠慮がなくなっていき、それが不和の元にもなるということ。]

 

これをことわざでは

 

[親しき中にも礼儀あり]と言います。

とても有名なことわざですね!

果たしていつどこで教わったのか??笑

 

私は社会人となり11年目。

諸先輩方と比べたら、まだまだ未熟な私ですが、

私なりに良好な人間関係を築く上で

チームに必要なことを1つ挙げるとしたら

この「親しき中にも礼儀あり」の心掛け。

 

特にスタッフ間の関係性において、意味のある言葉ではないでしょうか。

過去の動物看護師アンケートにも、職場の気になることで「距離感が近いこと」という回答がありました。

 

[仲が良くとも、度が過ぎて礼を失するようなことがあってはいけないという戒め。
親しいことにより遠慮がなくなっていき、それが不和の元にもなるということ。]

 

職場のスタッフは、もしかしたら家族よりも過ごす時間が長いかもしれませんね。

その中で「常にため口で話す」「言いたいことを言う」「遠慮がない」。

親しいからこそ、気を使わないでいられる間柄かもしれません。

それが円滑なコミュニケーションに繋がるケースもあるかもしれません。

 

しかし、度が過ぎてしまうと、「スタッフ間の挨拶がない」「横柄」

といった態度から、信頼関係にひびが入るような、間違った人間関係が築かれてしまう事も。

 

人によっても捉え方はそれぞれですが、

ちなみに私はそういった空気の職場は、居心地が悪い、と思ってしまいます。

実際に転職する際に職場の見学をしたときも、スタッフ間の態度は慎重に見てしまいました(;^_^

 

最低限の礼儀は

あいさつは自分から進んで行う

会話は「です・ます」調

対話の姿勢に配慮する

話しの内容を気遣う(デリカシーの無い事を言わない)

「感謝の言葉」を伝える。

ことではないでしょうか。

 

今一度、盲点になりつつある職場の雰囲気を、院長先生自ら、基本の「礼儀」から見直してみてはいかがしょうか(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカで動物看護師を対象に行ったリサーチによりますと、動物看護師が辞める一番の理由は
「チームで合わない人がいる」
または「チームそのものが合わない」からだそうです。
この経験者、日本にもたくさんいるのではないでしょうかー?!

十人十色は当たり前でも、一人では何も出来ないのが獣医療の難しい所。チームワークを良くするために、チーム内での心の距離を縮める為に、
みなさんの病院ではどんな取り組みがされてるのでしょうか?

ぜひコメント欄で教えてください😀

ちなみに私の病院ではお互いのペットの写真を頻繁に見せ合うです。くだらないようで実は嬉しい心の気配り。苦手な人とも距離が縮まるきっかけとなっています。
https://www.drandyroark.com/the-number-one-reason-vet-techs-leave-the-field-in-droves/

おはようございます!

 

アメリカ動物看護師&CVPの小川です。

 

今日は番外編として、ふと思った事を飾らずに書いてみようと思います。

 

動物看護師になって7年目。なぜこの仕事をしているのだろうとふと今日思いました。

 

 

 

そしてなぜCVP(コミュニティーオブプロフェッショナル)の活動を続けているんだろうと。

 

 

お互い一ヵ月差の赤ちゃんがいるパートナーの仲地さんとは

 

子育てと時差の関係で基本、日本の深夜とアメリカの早朝のミーティング。

 

 

フルタイムの仕事がある彼女とパートの私でも

 

時間は本当に限られている。

 

その中で皆さんの役に立つ情報を流したい!と無料のウェブセミナーをやったり

 

CVP特製の評価表を作成したり、

 

尊敬する院長先生からヒアリングを通して

 

スタッフ教育や経営に関する秘訣をお伺いし、悩みも共有させていただいて、

 

看護師リーダーとも積極的に話をし現場の声を集める。

 

この獣医業界にCVPは何が出来るのか?

 

離職率を下げる為に必要な、皆が求める理想の働き方を知りたくてアンケートを作成したり。

(獣医師、看護師、トリマーさんぜひ回答してください!)

 

 

私の想いはなんだろうと自問自答を何回もして

 

見えてきたのが、

 

「獣医業界で働くことが、人として成長できる場所となれば嬉しい」

ということ。

 

私達は共通の想いがある。

 

「動物が好き」

 

でも、この業界で働くってホントに大変。

 

言葉を話せない患者を相手にし、

 

チームとして働く重要さを担いながら、

 

社会人としてのマナーから、

 

チームメイトとコミュニケーション能力が長けていないといけない。

 

緊急の対応もばっちりこなし、

 

飼い主さんの心のケアもする。

 

 

 

そんな獣医業で働く私達が抱える大きな要因を少しでも楽にしたいという願い。

 

だからこそ、

 

看護師として病院で働く傍ら、CVPの活動をしていきたい。

 

離れていても日本で頑張る常に現場の人と繋がっていたいという想いがあります。

 

10年前に

 

私がアメリカで動物看護師という選択をして後も

 

日本の獣医業界への想いは忘れたことはありませんでした。

 

私にも出来る事はたくさんある。

 

小さな一歩一歩を確実に踏んでいきたい。

 

そう思った一日でした。

 

おはようございます!
CVPの仲地です。

先日風邪をこじらせ、人生初の喘息を発症。。
やっと回復しつつあり、健康のありがたみを感じる今日この頃です()

さて、先月フィードバックをテーマにウェブセミナーを行いました。
そこで私がまず初めにお伝えしたかったことが

[あなたの言動、鏡にどう映ってますか??]ということ。

「何度言ったら分かるの?」
「言ってることが伝わってない」
「言い訳ばかりする」

相手に教えたり、伝えたりすることは、そう簡単なことでありません。

時にストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、伝える中身だけでなく、
「伝え方」も含めて、
指導者が考えるべき、役割ではないかと思います。

あなたに相手がどう見えているか?
ではなく、
あなたは鏡にどう映っているか?

を意識する、相手目線になることが、より良い未来を切り開く、一歩かもしれません★☆

 

職場には、先輩や後輩、同期、院長、獣医師など、様々な立場の人がいます。

相手によって、
気になったことが言えない
意見を発言しづらい

と、思ったことを言えずに、自分を押さえてしまってはいないでしょうか。

もしかしたら、言えない状況を作っているのは、自分自身、かもしれません。

もしくは、周囲が発言してくれない、と困っているなら、その状況を作っているのも、自分自身かも、しれません。

 

 

 

今回は、自分も相手もOKの「主張的」な伝え方をお伝えします!

ちなみに、タイプを4つに分けることが出来、
主張的な伝え方以外に、

自分を押さえてしまう非主張的
相手に威圧感を与えてしまう攻撃的
自分も相手も後味が悪い自滅的

があります。

 

 

この中で、主張的な伝え方が出来ることが理想です。

では、主張的な伝え方とは??

ポイントは、
・相手を受け入れる
・自分の意見を言う
・選択肢を与える

の3つです。

例えば??

相手の発言に対し、自分の意見がある場合。それを伝えるには…

さんの考え、とてもよく分かります!」や、「そういう見方も出来ますね!勉強になります。」

などと相手の考えを受け入れた上で、

「例えば、私はこんな風に(自分の考え)、考えてみたのですが、」などと

と意見を述べ、そして

さんはどう思いますか?」

というように、質問を入れる。

最後に相手に選択肢を与えることで、威圧感もなく、そしてより相手にも受け入れてもらいやすい伝え方になります。

「言いづらい」と思ってしまうこと、私もよくあります。
でも、言わないでいるのもストレスになりますよね!

まずは自分から一歩進んで変えてみることで、未来が変わるかもしれません★

 

 

 「ストレスなしで、客観的に、しかも簡単に、

   スタッフ評価が出来るひな形が欲しい!」     

そんな院長先生、リーダーさんへ

 

 

ご存知でしょうか? 評価表を使ったパフォーマンス評価制度?

日本の獣医業界ではまだ新しいコンセプトですが

アメリカの動物病院では既に一般化されています(全米93%の動物病院で実施中)

 

 

CVPが行ってきた、院長先生やリーダーさんとのヒアリングを通して聞いた共通する以下の声。。

「人を評価するストレスから解放されたい」

「実行する上で何かしら参考になるひな形が欲しい」

「人数が増えたときに指数となるものが欲しい」

 

 

人数が少ない病院でも多い病院でも関係なく、

みなさん共通してスタッフ評価の悩みをお持ちでした。

だからこそ、アメリカや日本の他業界では既に一般的な、

人事評価制度についてご興味を持たれている、

 

でも、「始め方が分からない。」「動物病院に特化した物が欲しい。」という現場の声を元に

CVPでは動物病院様向け、スタッフ評価表を作成いたしました!

お申込みはこちら↓

 

・クレジット決済ご希望の方

https://vtseminar.official.ec/items/10935713 

※データのダウンロードは、購入後のメールに記載されているURLをPCよりクリックして行ってください。

ご注文後から3日間・3回までダウンロードすることが可能です。

※ご購入後、CVPよりご登録のメールアドレスへ領収書をお送りいたします。

ご希望の宛名がございましたら、

ご購入の画面「備考」にご入力ください。(特に記名がない場合は購入者様のお名前で作成致します。)

 

・銀行振込ご希望の方

https://48auto.biz/tapnews/touroku/entryform2.htm

・ご購入後、ダウンロード可能のPDFファイルをお送りいたします。

※お申込みから10日以内に以下の口座にお振込みをお願い致します。
※領収書は商品お渡し後にご登録のメールアドレスへダウンロードリンクをお送りいたします。
※振込手数料はご負担くださいませ。
※ご入金後の返金は原則致しませんのでご了承ください。
※キャンセルの場合は必ずお振り込み前に下記問い合わせ先までご連絡下さい

 

 

でも、でも、ちょっと待って、

「そもそも人事(パフォーマンス)評価って何?」 というあなた。

ぜひこの無料ウェビナーをご覧ください!

 

他にも

・動物病院には本当に必要?

経営者やリーダーにとっては特に大変そうだけど、どんな効果が得られるの?

・評価される側はどうしたらいい?

・導入にあたって気を付ける点は?

・実際の評価表の中身を知りたい!

といった事をお話しています!

(実際の評価表の中身は40:48~ご説明しています)

 

CVPスタッフが現場で実際に働く、

獣医師さん、動物看護師さん、院長先生、マネージャー、マナー講師の先生など

たくさんの方のアドバイスを入念に作成した評価表は

 ・スタッフ個人評価表

 ・雇用主用  評価表(サンプル付き)

              2点合わせての販売となります。

 

                                                                                                               画像はイメージです


~実際の評価表の内容~

①雇用主側とスタッフ側共に共通していること

“無難”がなくなる4段階のポイント制できっちり評価 

②業務内容の再確認と、スタッフ個人による自己評価

 

自分の仕事は何?どのくらい出来ているの?」 スタッフに自らの仕事内容を書いてもらい、どれだけ出来ているか上の表を使って自己評価

 

③細かく分けられた項目と出来ている割合を数字で換算

動物病院で実際に求められる仕事内容を分かりやすく7つの項目に分けました。

  • 手術
  • 受付
  • 診察室での対応
  • 入院患者対応
  • 検査
  • 衛生
  • コミュニケーション/チームワーク

例)受付の項目

 

 

  • 個人の全項目合計ポイント÷総合計=個人の出来ている割合算出                                       
    自分が低から高のどのレベルにいるのか一目瞭

 

 

④明確で実効可能な目標設定

SMART(=明確で、測定可能、実現可能、現実的でタイムリミットがある)方式を使った書くだけで終わらないゴールの設定

新人、中堅、ベテラン、それぞれに合ったゴール設定の参考例も載せました!

 一緒にゴールを設定しモチベーションアップを図る!

 

 

 

 

 

⑤給与・賞与の再設定

→”どこを評価し、何が出来たから、今年の賞与額は以下になります”

実力、レベルにあった給料と賞与を与え、モチベーションアップにつながる

 

 

この評価表の導入により

「院内のコミュニケーションがぐっと良くなった」

 「無駄な人件費が浮いた!」

「10年続くスタッフが増えた!」

「スタッフのモチベーションが上がった!」

「目標設定をでき、実行できる子が増えた!」

「スタッフの事がもっと分かるようになった」

など成功例はたくさんあります。

 

志高く、病院に貢献する

“病院に本当に必要なスタッフ“が残り、

彼らのモチベーションアップを応援できる報酬制度がある。

 

そんな理想を実現可能にするスタッフ評価表をぜひ活用してみませんか?

 

 

 

豪華特典①  

ウェブセミナー「評価表の使い方についてライブQ&A

ウェブセミナー「相手に伝わるフィードバックの仕方

評価表をより効果的に使って頂ける様、評価表の使い方、フィードバックの仕方について

お話したセミナー動画を二本プレゼント!

 

 

豪華特典②

 購入日から一年間に渡り、

   完全無料個別サポート付き!(メール相談)

実際に使ってみたけど、

「目標を立てられない子がいる・・」

「VTさんからこんな悩みがあるみたいなんだけど・・」

「目標達成を一緒に応援してもらえるようなサポートが欲しい・・」という方へ

 

評価表を使いだしてから出てきた悩みがあっても大丈夫!

コーチング認定資格取得者であるCVPスタッフ仲地が

理想の未来を実現するために、一緒に方法を考え目標達成のサポートをします!!

豪華特典③

実際にどう評価するか分かるサンプル付き! 

       スタッフが読んで嬉しくなる!院長が記入するコメント欄も分かりやすく

サンプルを載せておきました。

豪華特典④

スタッフ全員の評価表の管理がしっかり出来る!チェックリスト付き! 

誰に自己評価表を渡したか、個別面談の日程管理などスムーズに行くように

チェックリストを作成しました。

これがあれば、後で見直した時に一目瞭然!

 

 

気になるお値段は??

=¥20,000(税抜き)

この評価表セットを一回ご購入するだけで、

病院のスタッフ全員に使え、

しかも長くお使いいただけますのでとてもお得です!

 

お申込みはこちら↓

 

・クレジット決済ご希望の方

https://vtseminar.official.ec/items/10935713 

※購入後のメールに記載されているURLをクリックして頂くとご注文後から3日間・3回まで

ダウンロードすることが可能です。

※ご購入後、CVPより領有書を郵送いたします。ご希望の宛名がございましたら、

ご購入の画面「備考」にご入力ください。(特に記名がない場合は購入者様のお名前で作成致します。)

 

・銀行振込ご希望の方

https://48auto.biz/tapnews/touroku/entryform2.htm

ご購入後、ダウンロード可能のPDFファイルをお送りいたします。